故人を偲び、ゆかりの深い方々が集まるご法要。故人のお人柄を偲ぶ様々な演出のできるホテルでの法要を行われる方が増えてきています。初七日や四十九日(七七日)、回忌法要の基礎的な説明から、ご法要の準備についてご紹介しております。

法事・法要とは

法事とは、追善供養のほかに、慶賀・祈願・報恩などを含むすべての仏教行事・儀式を指します。また、法要とは追善供養そのものをいいます。法事法要を営むことによって、故人が無事に極楽浄土に往生できるといわれており、葬式後の故人を供養する非常に重要な儀式です。葬儀と同じく、宗教によってその方法が大きく異なります。

法要の名称と時期

【仏式法要】
仏式の法要は、故人が亡くなっての後7日目の初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(忌明け)と執り行い、その後百か日を経て一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌と続きます。

法要の種類 行う時期 内容
初七日 7日目 親族・故人と親しかった方、葬儀でお世話になった方を招き読経焼香の後、会食をします。
二七日忌 14日目 遺族だけで供養します。
三七日忌 21日目
四七日忌 28日目
五七日忌 35日目 宗派・地域によっては、親族・知人を招き忌明け法要も行います。
六七日忌 42日目 遺族だけで供養します。
七七日忌 49日目 親族・知人を招き、忌明け法要を行います。宗派によって、白木位牌から塗り位牌に替え仏壇に納めます。会食をしてお引物を出します。宗派を問わずこの日をもって忌明けとすることが一般的です。
百か日忌 100日目 遺族だけで供養します。
一周忌 満1年目 親族を招き、故人を偲んで供養します。会食をしてお引き物を出します。
三回忌 満2年目
七回忌 6年目 親族を招き、故人を偲んで供養します。会食をしてお引き物を出します。この後は次第に招く人を少なくしていきます。
十三回忌 12年目
十七回忌 16年目

【神式法要】
法要は、仏さまを供養するという仏教用語です。神道では、霊祭(みたままつり)といいます。霊祭を行う日を斎日(いみび)といい、故人の亡くなった日から数えて十日ごとに行います。霊祭は神社ではなく、自宅、墓前、斎場で行います。百日祭までの霊祭は、墓前または祭壇に故人の好物などを供え、神官に祝詞(のりと)奏上をしてもらい、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの神事を行います。

法要の種類 行う時期 内容
十日祭 7日目 仏式の初七日。知人を招き、神職による祭儀を行います。
三十日祭 35日目 仏式の三十五日です。
五十日祭 49日目 仏式の四十九日。忌明けとされます。「清祓い(きよはらい))の儀」の後に霊璽(れいじ)を御霊舎(みたまや)に移してまつる合祀祭(ごうしさい)も併せて行うことが多いようです。
一年祭 満1年目 親族を招き、故人を偲んで供養します。会食をしてお引き物を出します。 一般に五十年祭まで行われますが、特に一年祭、三年祭、五年祭、十年祭は盛大に行われます。
二年祭 満2年目
三年祭 満3年目
五年祭 満5年目
十年祭 満10年目
二十年祭 満20年目
三十年祭 満30年目
四十年祭 満40年目
五十年祭 満50年目
法事・法要のご準備

お客様にご満足していただけるよう最善のご法要プランを提案いたします。